介護用品のレンタル・販売で自宅で介護するみなさんのお手伝いをする株式会社「ミカ」

株式会社ミカ

介護や介護用品についてのお問合せ
フリーダイヤル 0120-652-413(ローゴニヨイサービス)
受付時間 9:00~18:00(日曜定休)

在宅介護の手引き

レンタルと購入

介護用品を揃えるにあたり気になるのが、レンタルと購入のどちらがよいのかということです。

長期的に考えるなら購入の方がいいかな、レンタルなら月々の負担は軽いかな、とお金のことに目が行きがちですが(もちろん大切なことです)、他にも考えておいた方がいいポイントがあります。

レンタルと購入のそれぞれのいいところを踏まえて上手に使い分けましょう。

レンタルで状況に合わせた介護用品を

「ひとりでベッドから降りるのが難しくなった」「歩くのに誰かの支えが必要になった」というように、介護を受ける方の身体の状況は変化していきます。よりよい介護で快適にお過ごしいただくために、お身体の状況に合っていて介護しやすい介護用品を使うことが大切です。

レンタルであれば状況に応じた介護用品の交換ができます。また、レンタル期間は保証の対象になりますので、故障などにも対応いたしますので安心です。

介護保険 レンタル対象品目

レンタルについては次の品目が介護保険の対象になります。

  • 車いす
  • 車いす付属品(クッション、電動補助装置など)
  • 特殊寝台
  • 特殊寝台付属品(マットレスなど)
  • 床ずれ防止用具
  • 体位変換器
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 移動用リフト(つり具部分を除く)
  • 手すり(移動可能なもの)
  • スロープ
  • 歩行器
  • 歩行補助杖
  • 自動排泄処置装置(要介護4、5の人に限る)

※ 要介護1の方は利用できる品目が限られます。

購入のみ対応の介護用品

簡易便座、簡易浴槽、お風呂用の椅子などの入浴補助用品は介護保険の適用対象ですので、1割負担で購入できます。上限である10万円以内のため、超過する場合には費用負担がかかりますが、10万円以内の商品も多数ございます。

介護保険 購入対象品目

購入については次の品目が介護保険の対象になります。

  • 腰掛便座(ポータブルトイレなど)
  • 特殊尿器(便や尿が自動的に吸引されるもの)
  • 入浴補助用品用品(シャワーチェアなど)
  • 簡易浴槽
  • 移動式リフトのつり具

※ 保険給付の対象となるのは、特定福祉用具販売事業者(指定事業者)から購入した場合に限られます。

迷ったときは相談を

レンタルと購入のどちらがいいか決められなくなってしまった場合には、担当されているケアマネジャーさんに相談してみてください。お客様の状況に応じたアドバイスをしてくれます。

株式会社ミカでもご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

在宅介護Q&A

トップページにもどる

介護用品に関することはどんなことでもご相談ください
フリーダイヤル 0120-652-413(ローゴニ ヨイサービス)
営業時間:9:00~18:00(日曜定休)